名古屋飯①

今日も今日とて名古屋で説明会ラッシュです.

たぶんこれから暫くは,名古屋飯を紹介するという,しょうもない記事を連発することとなるでしょう(笑)

 

今日は”味噌煮込みうどん”初めて食べました.

”山本屋本店”はおそらく一番有名なお店でしょう.名古屋に沢山の店舗があります.

f:id:hokudai_HOPS:20190318205416j:plain

あつあつの味噌煮込み(当然赤味噌)です,白ワイシャツが汚れないように脱いで食べました.

 

それなりに美味いですが,量が少ないし高い….正直1,000円出してこれをリピートはしないかな….僕的にドンピシャではなかったです(笑)

 

しかし愛知県らしい味噌の濃い味付けを楽しむならばGOODでしょう.

 

文責:HOPS14期 下平徹

【YouTube紹介】北大の寮歌

就活でほぼ一日名古屋で過ごしているため,ブログ更新がしんどくなっています….

今日の記事は完全にギリギリ更新,現在23:59(笑) 

 

急遽思いついたYouTube紹介を.

僕は大学院で部活に所属しております.部活の各種行事・コンパでは必ず”都ぞ弥生の斉唱”があります.

飲み会会場でいきなり電気を消して,皆で肩を組み寮歌を歌うのです.他大学から来た僕にとって,初めて見たときは驚きました(今は慣れた)

 

北大生は当然知っていると思いますが,都ぞ弥生は全国的にも有名のようです.


北海道大学恵迪寮歌「都ぞ弥生」

 

さらにこの寮歌を歌う前に,次の口上があります.

 

吾等が三年を契る絢爛のその饗宴は,げに過ぎ易し.

然れども見ずや穹北に瞬く星斗永久に曇りなく,雲とまがふ万朶の桜花久遠に萎えざるを.

寮友よ徒らに明日の運命を歎かんよりは楡林に篝火を焚きて,去りては再び帰らざる若き日の感激を謳歌はん.

明治45年度寮歌,横山芳介君作歌・赤木顕次君作曲,都ぞ弥生.

アインス,ツバイ,ドライ…以下歌詞1番へ

 

部活ではこの口上は若手が音頭を取ります.

僕は覚えてないですね,そして漢字がムズイ(笑)

 

院生ではありますが,北大生ですので都ぞ弥生を覚えておくと,どこかで知り合った北大生の方と打ち解けるキッカケになるかもしれませんね.

 

文責:HOPS14期 下平徹

静岡の名物

僕の実家は愛知県豊橋市なのですが,ここは静岡とも近い場所にあります.


静岡の名物は多々あれど,超有名なローカルチェーン,それが"ハンバーグレストランさわかや"です.

静岡県内にのみ店舗を出すという,色々こだわりのあるハンバーグ屋さんなのです.

とりあえず,友人に車を出させて約1時間,やはりよい店です.

f:id:hokudai_HOPS:20190316225451j:plain

人気すぎて待ち時間がすごい.
今日は少ない方だとは思いますが,30分待ちました….

そして味,これは素晴らしい.普通の柔らかハンバーグとは違い,肉感がすごいのです.食べてもらうしか分からないでしょう.


静岡を訪れるときは,是非行ってみてください.


文責:HOPS14期 下平徹

【国際フェロー】気がついたら帰国まで10日ほどになってしまった

日本の皆さんこんにちは。

就活大変でしょうか。

アイルランドにいる僕もインターネット経由で情報を集めたり、国際郵便で手書きのESを提出したりと、一応就活をしている気にはなっています。

 

 

さて、1月から始まったシャムロックプログラムも、残すところであと10日ほどになってしまいました。

ついこの間来たばかりと思ったのですが、時が経つのは早いものです。

 

今は本当に修了証明書をもらえるのかが不安で仕方ありませんが、気にしても仕方がないので黙々と課題をやっています。

 

今週の日曜日にはアイルランド最大の祝日、セント・パトリック・デイが控えています。

アイルランドカトリックを布教した聖パトリックにちなんだこの日は、市内でパレードが行われ、みんなで盛り上がる1日です。

 

まだ、ダブリン市内でも行っていない場所はあるので、隅から隅まで探検してから帰国の途に就こうかと思います。

 

 

 

さて、下の写真はダブリンから車で40分ほどのところにある、グレンダ・ロッホという湖です。ホストファーザーの友達が連れて行ってくれました。

アイルランドの中でも指折りの絶景らしく、あまりの綺麗さに言葉を失いました。

空気が美味しくて、久々の大自然もいいものです。

f:id:hokudai_HOPS:20190314004705j:plain

 

 

文責:HOPS14期 和泉優大

【国際フェロー】大英博物館はスゴかった

アイルランドも気温が暖かくなってきた気がしますが、風が冷たく、体感気温は相変わらず低いままです。

 

先日、休日を利用してロンドンに行ってきました。

今はBrexitで揺れる英国ですが、町を歩いたのは日曜日であったため、デモなどは起きていませんでした。

こっちでは、デモは土曜日にやるものらしく、どこの国でもお決まりのようです。

日曜日は本当に休む日なのかもしれません。

 

さて、ロンドン市内のことはまた今度にするとして、今回は世界最大級の博物館である大英博物館に行ってきたことを記事にしたいと思います。

 

大英博物館はロンドンにある世界で最も多くの収蔵品を保存、展示している博物館です。

なんと入場料は無料。人類の英知を多くの人が触れやすいようにとのことらしい。

植民地帝国である大英帝国の力を駆使して集めた収蔵品の数々はまさしく人類の宝です。

 

f:id:hokudai_HOPS:20190314070542j:plain

 

正面玄関。

写真で見る印象よりもかなりデカイです。

これだけでも歴史を感じさせますね。

ちなみに、中はリノベーションされており、とても綺麗です。

 

 

f:id:hokudai_HOPS:20190314070603j:plain

企画展は有料です。

僕が行った日はアッシリア帝国のアッシュールバニパル王の企画だったので行きたかったのですが、まずは常設展をということで後回しにすることに。

次はマンガがテーマらしいです。

我らが北海道を舞台とするゴールデンカムイアシリパさんが大英博物館にでかでかといらして、それはもう驚いたものです。

 

f:id:hokudai_HOPS:20190314070623j:plain

 

ロゼッタ・ストーン!!!!

皆さんも一度は教科書で見たことがあると思います。

ヒエログリフ、デモティック、ギリシア文字の三種類の文字で書かれた文章が刻まれている石碑です。

フランスのシャンポリオンがこの石碑をもとに、解読不可能と言われたヒエログリフの解読に成功し、エジプトの歴史や文化などの研究が進みました。

 

これが本物です。世界史好きには感動ものです。

ガラスに張り付いて見てみると、本当に細かく文字が刻み込まれています。

 

 

f:id:hokudai_HOPS:20190314070717j:plain

 

バビロン古王国時代(確か)の王の権力を誇示するレリーフです。

写真部分以外にも大量のレリーフが展示されています。

当時の王にとって、ライオン狩りというのは王の武力を示す大切なものであったそうです。

 

こちらも写真では分かりにくいですが、こちらも王の服の装飾や紋様などが細かく刻まれています。

これは本当にびっくり。

さすがはバビロニアの王。権力の絶大さを感じさせます。

4~5000年前の紋様が綺麗に残っているという保存状態の良さとテキトーな柵しかないオープンさに驚かされました。

 

自分は古代オリエントゾーンが結構好きです。

 

f:id:hokudai_HOPS:20190314070746j:plain

 

こちらはギリシアゾーン。

パルテノン神殿の彫刻たちが数多く展示されています。

バビロニアの彫刻と比べると、写実性が格段に上がっており、人の筋肉や服のたるみなどが細かく表現されてるのが印象的でした。

 

f:id:hokudai_HOPS:20190314070809j:plain

 

僕が尊敬するアレクサンドロス大王にも会うことができました。

 

 

 

古代ローマゾーンなどを見て、お次は日本コーナーだと足を進めると、閉館時間になってしまいました。

3時間もいたのに、半分も見ていません。

あまり時間をかけないように意識をしていたのですが、あまりにも展示品が多過ぎて…

 

 

 

いつかは大英博物館リベンジをしたいところです。

それにしても、本当にすごかった。

人類の叡智という言葉がぴったりの収蔵品だらけです。

 

ロンドンに来た際はマストの観光地ですね。タダだし。

寄付金はお金に余裕があれば寄付しましょう。

 

 

日本の博物館も無料のところが増えてくれると嬉しいんだけどなあ。

 

 

文責:HOPS14期 和泉優大

 

北海道のお土産といえば

会社の説明会ラッシュということで,実家の愛知県に戻って,名古屋でたくさん受けることにしました.


ということで,久方ぶりに飛行機に乗り,極限に眠いなか説明会へ行って来ました.
すみません,すこし寝ました.普通に耐えられない….


たまの帰省ですので,友人にも会いたい.信州大学の部活の同期が愛知県で就職したので,就活のアドバイスがてら今からご飯を食べに行ってきます.


お土産は"白い恋人"でしょう!
とりあえずどこでも買えるし,間違いない.
私は結構,王道の商品が好きです.

f:id:hokudai_HOPS:20190313192916j:plain

マルセイバターサンドよりもたくさん配れる 笑
これ,北海道来てから自分で食べたことないや.


文責:HOPS14期 下平徹

【講義紹介】公共経営特論Ⅱ

集中講義である公共経営特論Ⅱについて紹介します.

 

これは10月に富良野へ行き,富良野自然塾さんのプログラムを受ける,2日間の集中講義です.環境科学院の院生さんも一緒に受けていました.

2日間で2単位はオイシイという,安易な気持ちで受講しましたが,楽しく実習してきました(笑)

 

公共経営特論Ⅱ

 

キーワード

環境教育,自然体験,地球環境,生物多様性,コミュニケーション,パフォーマンス,農林業富良野SDGs

授業目標

人間の感覚を重視した自然体験学習を通じて,地球環境と人間との関わりを学ぶ.

 

平成30年度(2018) 講義要領より引用

 

写真と一緒に,何をやったか(ネタバレしない程度に)紹介します.

 

手を口に当てていますね,一体何をしているのでしょうか?

f:id:hokudai_HOPS:20190311002401j:plain

 

富良野自然塾のスタッフさんが案内してくれます.たしか寒かった(僕は薄着)

f:id:hokudai_HOPS:20190311002425j:plain

 

観光コンサルの方から講義をして頂きました.

f:id:hokudai_HOPS:20190311002343j:plain

 

そしてコミュニケーションワークですね,笑顔と相槌は大事です.

最初は恥ずかしくても,確かに慣れていきます.

f:id:hokudai_HOPS:20190311002436j:plain

 

木に対して何らかのアクションをしています,そしてピンクジャージの被り(笑)

↑どう見ても間伐です,本当にありがとうございました.

f:id:hokudai_HOPS:20190311002309j:plain

 

これはきっと写真では分からないでしょう.

しかし,人の前で”何か”をしないといけません.

f:id:hokudai_HOPS:20190311002413j:plain

 

最後はもうどう見ても植林なんだよなぁ(笑)

f:id:hokudai_HOPS:20190311002352j:plain

 

ということで,自然の中で楽しく活動する実習でした~.

ちなみに帰ってからレポート提出はありますので,お忘れなく.

 

手配してくださった倉谷先生,富良野自然塾の皆さま,ありがとうございました.

 

文責:HOPS14期 下平徹